話題

MAORINK(真央リンク)の場所はどこ?完成予定はいつ?

プロスケーターの浅田真央さんが、2024年秋までに東京・立川市にアイスリンク「MAO RINK(真央リンク)」を設立すると発表がありました。

 

浅田真央さんは以前から「アイスリンクを作りたい」と語っており、念願の夢が実現します。

 

アイススケートをしている人なら誰しも憧れる、浅田真央さんの「まおリンク」はどこにできるのでしょうか。

 

またMAOリンクの完成予定はいつなのか、設立の経緯も気になりますよね。

 

今回は『MAORINK(真央リンク)の場所はどこ?完成予定はいつ?』と題して

 

・MAORINK(真央リンク)の場所はどこ?
・MAORINK(真央リンク)の完成予定はいつ?
・MAORINK(真央リンク)設立経緯

 

以上の内容をまとめました!ぜひご覧ください。

MAORINK(真央リンク)の場所はどこ?

MAORINK(真央リンク)の場所は、東京都立川市です

 

浅田真央さんは、以前からまおリンク設立の夢を語っており、場所についてもインタビューに答えています。

 

2020年のあるインタビューでは、利便性を考えて都内を中心とした関東圏を候補としていると答えています。

 

また、記念品などを飾るミュージアムを併設するプランもあるようなので、楽しみですね

 

 

現在、主な東京都のアイススケート場は3か所あります。

 

明治神宮外苑 アイススケート場(東京・新宿区)
立地もよく、世界大会規格の広々とした人気屋内スケートリンク

 

 

ダイドードリンコアイスアリーナ(東京・西東京市)
アイスホッケーやフィギュアスケートの大会も行われる、収容人数が約3,500人の本格的なアイススケート場

 

 

江戸川区スポーツランド(東京・江戸川区)
東京都内で唯一の区営の屋内アイススケート場
広い観客席も設置されており、フィギュアスケートやアイスホッケーの大会も行われている

 

東京都には、ショッピングセンターや複合施設に併設されているアイススケートリンクはありますが、プロを目指すスケーターが練習できる場所は少ないようです。

 

また、東京都立川市のスポーツ施設は、現在4つあります。

 

・柔道、剣道、弓道、相撲などで使用する「練成館」
・野球や陸上で使用する「立川公園野球場・陸上競技場」
・プールやジムが併設されている「泉市民体育館」「柴崎市民体育館」

 

 

現在アイススケートができる施設はないので、MAOリンクの完成を待ち望んでいるはずです。

 

MAORINK(真央リンク)の完成予定はいつ?

MAORINK(真央リンク)の完成は、2024年秋までを予定しています

 

「まで」なので、それより前にできる可能性もあるのかもしれません。

 

MAORINK(真央リンク)設立経緯

浅田真央さんは、2017年4月にアイススケート現役を引退しましたが、引退後の夢として「自分のアイスリンクを作りたい」「海外に比べたらリンクが少ない」と語っていました。

 

それから5年間、真央リンク設立に向けて数々の企業に出向いてプレゼンテーションをしていたそうです

 

浅田真央さんの思いを受け取り、回共同でアイスリンク設立をする会社が「立飛ホールディングス(HD)」です。

 

 

「立飛ホールディングス(HD)」は、東京都立川市に本社を置き多くのスポーツ事業を手がけてきました。

また、4月3日までに「MAO RINK TACHIKAWA TACHIHI」の商標登録の出願も済ませているようです。

引用:Yahoo!ニュース

 

これまでにもスポーツ事業を手掛けてきた大企業とのコラボは注目ですね!

 

 

商標登録まで済んでいるので、着実に進んでいるようです。

 

 

まおリンクは、今後アイススケーターの活躍の場となっていくはずです。

 

 

まとめ

今回は『MAORINK(真央リンク)の場所はどこ?完成予定はいつ?』と題して

 

・MAORINK(真央リンク)の場所はどこ?
・MAORINK(真央リンク)の完成予定はいつ?
・MAORINK(真央リンク)設立経緯

 

以上についてまとめました。

 

2年後の設立予定ですが、浅田真央さんに憧れる多くのスケーターが集まりそうですね!

 

アイススケート界がさらに活性化するのを期待します!

こちらの記事もよく読まれています

-話題