芸能

道枝駿佑は中学時代なにしてた?退所を考えていた理由3選

7月25日放送の「突然ですが占ってもいいですか?」で、なにわ男子の道枝駿佑(みちえだ しゅんすけ)くんが、中学時代に人生に悩んでいた経験をズバリ当てられていました。

中学時代の道枝駿佑くんは、ジャニーズでどんな活動をしていた時期でしょうか?

また「悩んでいた」「やめようとおもっていた」原因となる出来事があったのかも気になりますよね。

特に中3のころに悩みが深くなっていたようなので、中学時代を1年生からさかのぼって調査してみました。

ぜひ最後までご覧ください!

道枝駿佑の中学時代・中1

中学時代、1年生の時の道枝駿佑くんは、ジャニーズJr.としてステージデビューをしていた時期です

中学1年生の時の道枝駿佑くんの主な活動はこちら。

 

・「春休み関西ジャニーズJr.スペシャルShowのコンサート」でステージデビュー
(大阪松竹座 2015年3月21日~3月31日)

・舞台「少年たち 世界の夢が…戦争を知らない子供たち」
(大阪松竹座 2015年8月2日 ~ 26日)

・関西ジャニーズJr. X'mas Show2015
(大阪松竹座 2015年11月29日 ~ 12月25日)

・関西ジャニーズJr. 春休みスペシャルshow 2016
(大阪松竹座 2016年3月31日 ~ 4月11日)

 

道枝駿佑くんの出身中学校は、大阪府の同志社香里中学校が有力です。

同志社香里中学校は、男女共学の私立学校で、中学受験をしています。

偏差値は、64。

道枝駿佑くんは小学校6年生、12歳の2014年11月23日に、ジャニーズ事務所に入所しています

関西の私立中学校の受験日程は、基本的に1月に入試試験が実施されているため、受験準備をしている時にジャニーズ事務所入所をしているようです。

また、中学入学前の春休みにはコンサートにも参加。

受験と芸能活動で、だいぶ忙しいスケジュールの中、動いていたのではないでしょうか。

しかし、中学1年生2年生のころは、そこまでジャニーズjr.としての活動も多くなく、比較的時間があったようです。

 

道枝駿佑の中学時代・中2

中学時代、2年生の時の道枝駿佑くんは、sexyzoneやA.B.C-Zのバックダンサーとして活動したり、舞台に出演していました

中学2年生の時の道枝駿佑くんの主な活動はこちら。

・舞台「ANOTHER & Summer Show」
(大阪松竹座 2016年8月2日~26日)

・舞台「JOHNNYS' Future WORLD」
(梅田芸術劇場 2016年10月8日~25日)

・関西ジャニーズJr. X'mas Show 2016
(大阪松竹座 2016年11月30日 ~ 12月25日)

・関西ジャニーズJr. 春のSHOW合戦
(大阪松竹座 2017年3月4日 ~ 28日)

1年間に4本の大きい舞台に出演しながら、大阪でジャニーズJr.としての活動をしていたようです。

 

道枝駿佑の中学時代・中3

中学時代、3年生の時の道枝駿佑くんは、ドラマ「母になる」で俳優デビューをした時期です

中学3年生の時の道枝駿佑くんの活動はこちら。

・ドラマ「母になる」で俳優デビュー

・映画「関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生」に出演

・舞台「少年たち 南の島に雪は降る」
(大阪松竹座 2017年8月2日 ~27日)

・関西ジャニーズJr. X'mas SHOW 2017
(大阪松竹座 2017年12月1日 ~25日)

・関西ジャニーズJr. Concert 2018 〜Happy New ワン Year〜
(大阪城ホール 2018年1月3日、4日)

・関西ジャニーズJr. 春休みスペシャルShow 2018
(大阪松竹座 2018年3月1日 ~ 24日)

 

ドラマ「母になる」出演という大きなイベントがありながらも、4本の舞台コンサートに出演

ドラマ「母になる」は4月~6月までの放送でしたので、中学校2年生の後半から撮影が始まったのだと思われます。

ドラマ放送中は、テレビ出演なども多く忙しかったはず。

ドラマ放送前には、3月に「関西ジャニーズJr. 春のSHOW合戦」に出演し、ドラマが終わってからも8月から舞台「少年たち 南の島に雪は降る」に出演しています

公演期間はもちろん忙しいですが、稽古期間も考えるとハードスケジュールですよね。

その後、道枝駿佑くんが高校1年生のときに現在所属している「なにわ男子」が結成されました。

 

道枝駿佑が中学時代に退所を考えていた理由3選

道枝駿佑くんが、中学時代3年生の時に退所を考えていた理由は

「ドラマ舞台コンサートが立て続いて忙しかった」

「俳優デビューのプレッシャー」

「東京と大阪の往復が大変だった」からだと思われます

特に一番悩んでいたのは、俳優デビューがきっかけではないかと思われます。

道枝駿佑くんは中学3年生の時に、沢尻エリカさんが主演を演じるドラマ「母になる」の息子役として出演。

演技が初めてにもかかわらず、ドラマの中心人物という役柄は負担が大きかったのではないでしょうか

ドラマが始まった初めの方は「セリフが棒読み」などの批評がありました。

本格的にドラマに出るのが初めてだったため仕方ないですが、演技に対する批評などは道枝駿佑くんの耳にも入っていたと思われます。

自分自身でもうまくいかない、周りにも評価されないとなると、自分に自信がなくなりますよね。

さらに、ドラマの内容的にも明るい話ではないため、気持ちが滅入ってしまっていたのかもしれません

また、ドラマの撮影は東京でしていたため、大阪と東京を行き来しながら忙しい生活だったようです

忙しさと、演技デビューの重圧もあり「やめたほうがいいかな」と思い始めてしまったのかもしれません。

 

道枝駿佑くん出演のドラマ「母になる」の動画はこちら。

 

 

まとめ

今回は「道枝駿佑は中学時代なにしてた?退所を考えていた理由3選」と題してまとめました。

 

・1年生の時は、ジャニーズJr.としてステージデビューをしていた時期

・2年生の時は、sexyzoneやA.B.C-Zのバックダンサーとして活動したり、舞台に出演していた

・3年生の時は、ドラマ「母になる」で俳優デビューをした時期

・道枝駿佑くんが、中学時代3年生の時に退所を考えていた理由は

「ドラマ舞台コンサートが立て続いて忙しかった」「俳優デビューのプレッシャー」「東京と大阪の往復が大変だった」からだと思われる

道枝駿佑くんの中学時代についてご紹介しました。

学校で勉強しながら、舞台ライブ稽古など忙しい中学生活だったようです。

特にドラマ初出演が、道枝駿佑くんにとっては大きな転機だったようです。

その時に、人生に悩んだ経験が今の道枝駿佑くんの活躍に繋がっているのでしょう。

こちらの記事もよく読まれています

-芸能