話題

ジョンソン首相は若い頃ニートだった?超イケメンの画像も紹介!

イギリスの第77代目首相、ボリス・ジョンソン。

実は、ボリス・ジョンソンは若い頃転職を繰り返していたようです。

また、若い頃の顔画像が超イケメン!

今回はボリス・ジョンソン首相の若い頃についてご紹介します。

 

この記事で分かること

・ジョンソン首相は若い頃ニートだった?
・ジョンソン首相若い頃の画像
・ジョンソン首相の若い頃の学歴は?
・ジョンソン首相は若い頃難聴だった?
・ジョンソン首相のプロフィール

ぜひ最後までご覧ください!

 

ジョンソン首相は若い頃ニートだった?

ジョンソン首相は若い頃、転職を繰り返していました

1993年に、イギリスロンドンを本拠に置くコンサルティング会社「L.E.K.コンサルティング」に就職。
しかし、退屈で1週間で退職。

その後、家族のコネで保守系紙「タイムズ」に就職。

エドワード2世の宮殿を巡る歴史考古学関係の記事で学者の発言をでっち上げたため、即効解雇。

その後、保守系紙「デイリー・テレグラフ」の記者に就職。

2001年より、庶民院議員を2期務め政界入りしています。

ジョンソン首相が、コンサルティング会社を辞めた理由が「退屈だったから」というのは凄いですよね。

また、やはりいい家系なので家族のコネで就職というのもあるのですね。

ジョンソン首相は、クレイジーな部分もあったので政治家が向いていたのかもしれません。

 

ジョンソン首相若い頃の画像

ボリス・ジョンソン首相の若い頃の顔画像はこちら。

 

ジョンソン首相、若い頃とてもかっこいいですよね!

関ジャニ∞の横山裕くんの若い頃のような、金髪でシュっとした感じ。

若い頃のジョンソン首相は、女性にもてていそうですよね。

実際にジョンソン首相は3回結婚しており、実際にモテていたようです。

 

ジョンソン首相の若い頃の学歴は?

ジョンソン首相の若い頃の学歴は、イートン校、オックスフォード大学ベリオール・カレッジを卒業しています

専攻は古典で、ラテン語と古代ギリシャ語を学んでいたそうです。

大学では、ブリンドン・クラブに所属していました。

 

ジョンソン首相は若い頃難聴だった?

ジョンソン首相は、幼い頃に難聴を患っており、何度か手術をした経験があります

 

ジョンソン首相のプロフィール

ジョンソン首相のプロフィールはこちら。

生年月日:1964年6月19日

年齢:58歳

出身地:アメリカニューヨーク

所属政党:保守党

配偶者:アレグラ・モスティン=オーウェン(1987年9月 - 1993年4月)
マリナ・ホイーラー(1993年5月 - 2020年11月)
キャリー・サイモンズ(2021年5月 - )

子供の人数:7人

親族:スタンレー・ジョンソン(父・元欧州議会議員)
ジョー・ジョンソン(実弟・庶民院議員、一代貴族)

相次ぐ不祥事で退陣を求める声が強まっていたイギリスのジョンソン首相は7日、声明を発表し、辞任する意向を表明しました。
引用:Yahoo!ニュース

2022年7月7日に辞任を表明しました。

まとめ

今回は「ジョンソン首相は若い頃ニートだった?超イケメンの画像も紹介!」と題してまとめました。

・ジョンソン首相は若い頃、転職を繰り返していた
・ジョンソン首相の若い頃の顔画像を紹介
・若い頃の学歴は、イートン校、オックスフォード大学ベリオール・カレッジを卒業している
・ジョンソン首相は、幼い頃に難聴を患っており、何度か手術をした経験がある

今回はボリス・ジョンソン首相の若い頃についてご紹介しました。

不祥事、スキャンダルも多いと有名なボリス・ジョンソン首相ですが、若い頃も様々な経験をしていましたね。

今後どうなるのか注目です。

こちらの記事もよく読まれています

-話題