リラックス法

話題のデジタルデトックス、「何もしない」をして疲れをとる方法

この記事では、デジタルデトックスのやり方とメリットについてご紹介します

 

昨日を振り返ってみて、なにもせず、ただぼーっとしている時間はありましたか?

 

人間は、1日に6万回考えごとをしているといわれています。

 

特に現代に生きる人は、受け取る情報量が多いのではないでしょうか。

 

 

本記事では、

・疲れがなかなかとれない

・疲れから頭痛やだるさなど体の不調がある

・朝起きるのがつらい

 

という方へ向けて「何もしない時間」を意識してつくり、体も頭もリラックスするための方法をご紹介します。

携帯をダラダラと見てしまうのは、頭が疲れているかもしれない

 

・電車での待ち時間

・買い物のレジでの待ち時間

・友達を待っている時

 

日常の中では、待つ時間は意外とあります。

 

その時に、何も用事はないけれども、何気なく携帯を見てしまっていませんか?

 

インスタをちょっと見ようかなと思ってアプリを開くと、別のことが気になって、ユーチューブを開き、ツイッターを開く・・・と、一度携帯を触り始めると時間はあっという間に過ぎます。

 

実は、頭が疲れている時ほど、刺激を求めて携帯をずっと見てしまうといわれています。

 

SNSなどで新しい情報がどんどん頭に入ってくると、強い刺激として脳が活性化。

 

そこで得られる刺激は、頭や体にとってさらに疲れる原因となりかねません

 

携帯をしばらく見続けると、首や目の疲れを感じませんか?

 

集中して携帯画面を見ている時、呼吸が浅くなっていませんか?

 

携帯は身近にあるもので、何気なく見てしまいがちですが、意識してデジタルデトックスをすることが大切です。

 

※デジタルデトックスとは 携帯電話などの電子機器の使用を、意識して制限すること

 

デジタルデトックスのメリットとは?

何もしない時間をつくるためには、デジタルデトックスをすることが有効です。

 

1日の中で5分でも、情報をいれない時間をつくると、オンとオフの切り替えができるようになります。

 

仕事終わりに、ソファでテレビや携帯を見ている時間も、頭は情報を処理して活発に動いています。

 

そのまま寝ても、頭は動いたままなので、体は寝ていても、頭は休まっていません。

 

携帯を見ながら寝落ちするのが、疲れ解消としている方もいるかもしれませんが、逆に疲れる原因となりかねないということは知っておきましょう。

 

デジタルデトックスをすることで、活発に動いている頭を休ませる時間を作ります。

 

すると、人間の体と同じで休んだ後はさらにパワーがでるので、作業効率も上がります。

 

休むときは休む、動くときは動くというメリハリが大切です。

 

ストレス解消。何もしない時間でなにをする?

何もしない時間は、簡単につくれると思われがちです。

 

しかし、1日のうちで1分も作れていない人もいるくらい、意識しないと難しいです。

 

いざ何もしない時間をつくったら、どう過ごしたらいいのか戸惑いますよね。

 

何もしない時間は、ただただぼーっとします。

 

 

家にいる時であれば、テレビを消して携帯を別の部屋に置き、お気に入りのハーブティーやコーヒーを飲みながらぼーっとします。

 

電車に乗っている時であれば、携帯をカバンにしまい外を眺めます。

 

友達と待ち合わせの時間であれば、街を歩く人をぼんやりと見ます。

 

 

その時に何か頭に浮かぶことがあってもいいです。

けれども浮かんだことに対していい悪いのジャッジをしない、深掘りをしないようにしましょう。

 

今日のご飯何を食べようかなと頭に浮かんだら「今日のご飯何を食べようかなと思った」というラベルを貼るようなイメージで考えを処理します。

 

浮かんだことを、そのまま言葉にしてラベリングをする。

 

何もしない時間は、自分の中にある情報を整理する時間にしましょう。

 

仕事や人間関係の憂鬱も解消!ポジティブ思考になる方法

 

何もしない時間を作ると、シンプルに物事を考えられるようになります。

仕事、育児、家事、人間関係など、生活している中でいろいろなことが起こりますが、ストレスが溜まるほど、複雑に物事をとらえがちになります。

 

なんでも、シンプルに考えることが自分のストレスにもなりません。

 

やりたいならやる、やりたくないならやらない。

 

実際にはそう簡単にいかないこともあるかもしれませんが、できる限りシンプルに考える癖をつけて、ストレスを溜めない生活をしましょう!

 

こちらの記事もよく読まれています

-リラックス法